SoL(ソル)-Spice-of-Life-ヴィンテージ北欧食器のオンラインショップ

ウプサラエクビィUppsala-Ekeby

1886年1月29日、スウェーデンのストックホルムの北の都市ウプサラの地に、ウプサラエクビィUppsala-Ekebyは創業されました。
敷地内に陶器類に適した土があった為、当初はレンガとタイルの生産を生産する会社でした。

1910年から家庭用ストーブの耐熱タイルの生産で業務を拡大。
この頃から家庭内陶磁器類の生産も並行して行い、
花瓶のデザインで有名なアンナ-リサ トムソン Anna-Lisa Thomson(花瓶裏に A.L.Tとあるのは彼女の作品)や、スヴェン エリック スカウォニウス Sven Erik Skawoniusなどのアーティストの雇用も本格化します。

1930年代にはレンガの生産終了。
またそれまで業務の中心であったストーブ用のタイルも時代の流れでセントラルヒーティングに移行した為、生産が終了されるが、 家庭用セラミック製品やタイルの生産を中心に業務を拡張して行く。

1936年のゲフレ社 Gefle Porcelain AB groupの買収を皮切りに、
1942年にはカールスクローナ Karlskrona Prcelain Factoryそして、
1964年には、スウェーデン王室御用達であった、 ロールストランド Rorstrandの買収を成功させる。

ちなみに同じ時期に、
Reijmyre Glass works、
Kosta Boda(ガラス製品),
GAB Gense(カトラリー)
の三社も買収し、業務を一気に拡大している。

しかし隆盛は長くは続かず、
1977年にはEkebyにあった最後の生産工場をしめ、 その後はロールストランドの工場のみを運営。
1980年には投資会社のProventusに買収され、会社は解体売却されてしまいます。

1984年にはロールストランドがフィンランドのWärtsiläへ売却され、
その後、イッタラグループに売却された後、イッタラグループがフィスカルス社に買収されている。

ちなみに、1989年には、Kosta Bodaは Orreforsと合併後、Gense社とともに、
投資会社 Incentiveへ売却されるかたちで、ウプサラエクビィ社は歴史の幕を閉じたのです。
並び順を変更 - 価格順 - 新着順

花柄の花瓶
10,260円(税込)  

現在のカート

カートを見る

商品検索
アイテム種別から探す
ブランドから探す
ヴィンテージのコンディションについて メールマガジンの登録と解除
会員ログインページ
新規会員登録ページ

配送料金
Feeds RSS - ATOM