SoL(ソル)-Spice-of-Life-ヴィンテージ北欧食器のオンラインショップ

ヌータヤルヴィ nuutajarvi

フィンランド最古のガラスメーカーであるヌータヤルヴィの歴史は1793年まで遡る。
ヘルシンキ北西部でのヌータヤルヴィ地方で設立され、
当初は窓ガラス、ガラス瓶、保存用のガラスジャーなどの生産し、
堅調に経営を続けていました。

ところが1950年火事で工場が全焼し、自己再建ができなかったため、
当時アラビアのオーナーでもあった、ワルトゥシラ Wältsilä社が買取り再建します。
その為この時期に販売された製品は Wältsilä-Arabiaのステッカーが貼られ販売されました。

これを機にヌータヤルヴィは、非常に優秀なアートディレクター、カイ・フランクの指示の元、
「シンプルでお手頃なガラス製品」と言う確固たる商品イメージを作り上げ、大きなブームを巻き起こします。

1962年にはオイヴァ・トイッカが入社、カイ・フランクと共に、様々な試みの中で、
今尚世界中にコレクターを持つ、Birdsシリーズやカステヘルミを生み出しました。

ソルではステッカー上ではアラビアとなっているものも、
ヌータヤルヴィとして分類して販売を行っています。
シールが無ければ分類が困難である為です。
並び順を変更 - 価格順 - 新着順








現在のカート

カートを見る

商品検索
アイテム種別から探す
ブランドから探す
ヴィンテージのコンディションについて メールマガジンの登録と解除
会員ログインページ
新規会員登録ページ

配送料金
Feeds RSS - ATOM